2013年10月アーカイブ

中国の毒水が全然治らない

| トラックバック(0)
まぁ治るわけがありません。
中国共産党による文化大革命により、
知識人などの高い民度を持っていた人間は、
虐殺されまくりましたから。
その数は少なくとも3000万人といわれています。

もちろん全員が殺されたわけではありません。
なんとか逃げ延びた人は台湾へと亡命したわけです。
台湾の民度と、中国の民度を比べれば
なるほどそうだね。

っていうのが理解できるというものです。
まぁそれ以外にも日本統治時代の教育も生きているわけですけどね。
台湾は。

さて、それはともかく、
中共によって、まともな国ではなくなってしまった中国。
共産党という名前のくせに、最近は共産主義はどっかに行ってしまいました。
拝金主義とでもいうんでしょうか。
完全に腐敗した政治をどうどうと行っているのが
現在の中国の現実です。
汚職まみれの中国。
あらゆるモノに賄賂がつきもの。
まったくもって、まともな商売ができる国じゃありません。

まぁ外国人は商売をするために、
賄賂を利用していますけどね。
それしないと、商売すらさせてもらえませんから。
腐ったゴミ国家です。

この腐れっぷりと、ゴミっぷりは、何も人だけじゃない。
環境にも及んでいますね。

毒物に汚染された中国の大地。
8割以上が汚染されているといわれています。
こわいこわい。
当然水も毒まみれ。
中国当局が2012年度に水質汚染を改善しようとしたプロジェクト。
完了したのは、たった26.9%だったそうです。
まぁ完了したっていっても、
汚染を垂れ流す元の工場とかは、
役人がいなくなったら、また排水を垂れ流すんですけどね。
ばれたら賄賂でどうとでもなる。
そういう腐った文化に仕立て上げたのが中国共産党ですから。